MIDAS
建築分野 対象製品

midas iGen 64bit版
多様な解析を実現する
汎用解析ソフトウェア

iGen

建物全体のフレーム解析からFEMによる詳細解析まで、建築構造分野での様々なニーズに応える汎用解析ソフトウェアです。 どのような形状でもモデリングが可能で多様な解析を効率よく行うことができます。
midas eGen
形状に制限がない
一貫計算ソフトウェア

iGen

CAD基盤の新しいモデリング機能や、簡単で便利な作業環境を提供します。 また、部材ごとに所属層を分類できる「層グループ」の概念が導入されているため、層の不整形な建物の合理的な設計が行えます。
midas Drawing
建築構造図面の
自動生成CAD

iGen

一貫計算データから3次元の構造モデル情報を取得し、ワンクリックで伏図・軸組図・部材リストを自動生成することができます。 実施設計レベルの図面品質はもちろん、構造計算書との整合性を確保します。
品名 区分 機能 製品価格 年間保守費 合計

midas iGen
64bit版

本体

基本機能 1,250,000円 250,000円 1,500,000円
オプション 動的フレーム非線形解析 670,000円 134,000円 804,000円
境界非線形解析+免震制振デバイス 500,000円 100,000円 600,000円
静的材料非線形解析 400,000円 80,000円 480,000円
幾何学的非線形解析 400,000円 80,000円 480,000円
P-デルタ解析 130,000円 26,000円 156,000円
座屈解析 130,000円 26,000円 156,000円
施工段階解析 400,000円 80,000円 480,000円
非線形(材料/幾何)同時解析+動解析 300,000円 60,000円 360,000円
バッチ解析 670,000円 134,000円 804,000円
midas eGen 本体 基本機能 (S・RC造対応) 1,500,000円 225,000円 1,725,000円
オプション BIM Converter (ST-Bridgeファイル対応) 600,000円 90,000円 690,000円
midas Drawing 本体 基本機能 1,200,000円 180,000円 1,380,000円
オプション BIM Converter (ST-Bridgeファイル対応) 600,000円 90,000円 690,000円

※税抜金額となります。

申請について

① お支払いは定価の一括払いのみとなり、後ほどIT導入補助金事務局からA類型は1/2、C類型は3/4以内の補助金がキャッシュバックされます。

② 申請時には3年間の事業計画を策定し、2022年~2024年の3年間に年1回、提出した事業計画の数値目標に対しての結果を報告する必要があります。

③ C類型は補助対象経費の1/6以上が「テレワーク環境の整備」に対する投資であることが条件となり、申請金額が300万~450万円となる場合には給与支給総額向上の計画が必須となります。(30万~300万円未満は必須ではありません。)

④ 申請後採択審査があるため、申請により交付決定が確約されるものではありません。ただし、不採択後次回公募に再申請することは可能です。

⑤申請にあたっては、電子行政サービスシステム「gビズID」の登録が事前に必要となります。登録には数週間かかるため、申請をご検討の方は事前に登録を   行ってください。 (gビス ID ホームページ https://gbiz-id.go.jp/)

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る